今年はIPv6が気になるところです

最近ネット接続が遅くなったな?

と感じている方が多いのではないでしょうか。

パソコン等のトラブルではなく、以外とインターネット回線上の問題だったと言う事も多くあります。

現在多くのインターネット接続は、IPv4による接続ですが、以前から言われていたようにIPv4アドレスの枯渇問題により、新たにIPv4アドレスが付与されなくなっている事が起因している場合もあります。

フレッツ回線では、IPv6による接続を開始していますが、プロバイダーが未対応だったりして、未だにIPv6への移行は送れています。

しかし、今年は、各プロバイダーとも顧客の確保維持のためのIPv6への移行も進みそうです。

当然ながらIPv6に対応したルータが必要となってきますので、移行のさいには、どんな機器が必要になってくるのか?料金はアップするのかの確認を行って下さい。

NTT東日本のフレッツ対応でIPv6が可能なプロバイダーを確認できます。

https://flets.com/next/ipv6_ipoe/isp.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください