ブルーライトって

logo_b

:最近あちこちで「ブルーライト」って文字を見かけます。このブルーライトってどういうものなのですか?

 

logo_a

:ブルーライトとは、可視光線(目に見える光)の中でも、380~495nm(ナノメートル)の波長の青色光で、網膜まで届くエネルギーの強い光のことを指しています。

最近のテレビやパソコン、スマートフォンなどの液晶画面にはLED(発光ダイオード)がバックライトとして使われていることが多く、このLEDがブルーライトを多く含んでいます。

このブルーライトは、エネルギーが強く、目の奥で散乱しやすいため、長時間デジタル機器を使用すると視界のチラつきやまぶしさを感じる原因のひとつと言われています。

また、目の疲れや生体リズムへの影響、あるいは頭痛などの症状に発展する可能性が考えられています。

つまり、ブルーライトが原因で

疲れ目やかすみ目、ドライアイの原因になると言われています。

生体リズムの狂いや、睡眠の質に影響すると考えられています。

目の疲れが脳を通じ、骨盤を緊張させ、肩こり、腰痛に影響する恐れがあります。

と言われています。

ブルーライト対策には

眼鏡店でよく見かける、ブルーライトカットメガネや、ブルーライトカットタイプのレンズを選ぶと良いでしょう。

また、ソースネクスト社よりWindows・Android用のブルーライト消滅ソフトが販売されています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください