ローマ字入力とかな入力の切り替え方法

logo_b

文字を入力しようとしたら、「A」のキーを押したら、「ち」と入力されました。

通常ローマ字入力をしているのですが、どうやらかな入力に変わってしまったようです。
どうすれば元のローマ字入力に戻せますか

 

logo_a

文字の入力には「ローマ字入力」と「かな入力」があります。

それぞれ長所短所があります。

・ローマ字入力の長所

覚えるキーはアルファベット26文字だけなので、キーの場所を覚えやすいし、数が少ないので指の移動範囲が狭く、入力が早い。

 

・ローマ字入力の短所

一つの文字を打つのに、多くは2つのキーを押さなければ入力できない。

・かな入力の長所

キーに書いてあるひらがなそのままが入力されるので分かりやすい。また、キーを押す回数が少なく、キーの位置を覚えてしまえば、入力時間は短くなる。

・かな入力の短所

50音と濁点、半濁点など、たくさんのキーの場所を覚えなければならない。
では、どちらの入力が良いのでしょうか?

ひとつは、慣れ次第ですが、英文字を比較的多く使う機会が多くなってきているので英文字入力も簡単に行え、キーの位置を覚えるのも、入力するのも比較的容易なローマ字入力をお勧めします。

ただ、文字を頭の中でローマ字に変換する必要があるので、文字のローマ字変換に違和感のある方は、ダイレクトにキーに書いてある文字を入力するかな入力が向いていると思います。
さて、本題の「ローマ字入力」と「かな入力の」切り替え方法ですが、IMEのプロパティから変更できますが、一番簡単な方法としては

「Alt」キーと「カタカナひらがな」キーを押すと、押すたびに「ローマ字入力」と「かな入力」が交互に切り替わります。

覚えておくと便利ですね。

また、「半角/全角」キーを押すたびに、英文字入力と日本語入力を切り替える事が出来ます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください