Windows 8 でバーチャル環境を使うにはどうすればよいですか?

logo_b

:Windows 7 で「Virtual PC」を使っていました。Windows 8 では利用できないようなのですが、代わりになるバーチャル環境はありますか?

 

logo_a

:Windows 7 では、Professional以上のエディションで、仮想化機能「Virtual PC」が搭載されており、その上でWindows XPを動作させる「XPモード」がありました。

残念ながらWindows XPモートは廃止され、Virtual PCも搭載されていません。

その代わりに新たに搭載されたのが「クライアントHyper-V機能」です。

注意点は、Windows 8 Pro以上でないと利用できないこと。

64bit版のOS上でしか動作しないこと。

仮想OSの利用ライセンスは提供されないので、仮想用のWindowsライセンスは別途必要になります。

64bitCPUでも、Core2Duoや2Quadシリーズでは不可で、Core i3/i5/i7シリーズ以降が必要になります。

良い点は、Virtual PCでは、ゲストOSに割り当て可能なメモリ容量は最大3.6GB、CPUコア数は1個だったのに対し、クライアントHyper-Vでは、最大64GB、32コア(ただしホストマシンのコア数を超えないこと)まで割り当てることが可能など、機能面では大幅に強化されています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください