E-Mailのやりとりはどこまで

みなさんも良く活用するE-Mailですが、「返事が来ないな?届かなかったのかな?」と、心配になったりしたことありませんか?

このメールですが、どうすれば互いに心配なくやりとりが出来るでしょうか?

重要な事は直接電話等で確認をとるのは勿論なのですが、メールでもきちんとしたルールをもってやりとりをすれば安心してメールでやりとりが可能です。

良く案内メールをいただくことがありますが、不特定多数の方に出している案内メールなら、読んだあとに返信することはありません。

しかし、個人宛の案内メールで、出席の可否や注文の可否を訪ねられた内容であれば、可否いずれかの返信を刷るように心がけましょう。

どうしても返信が欲しい場合には「お手数でもご返信のほどお待ちしております。」等の文言を付け加えておくと親切ですね。

 

基本的には次のやりとりが一番良い戸思います。

1.AさんからBさん宛にメールを送信

2.BさんはAさんにメール内容に対する返信

3.AさんはBさんにメール返信をいただいたことに御礼を送信

 

こうすれば、相手がメールを受け取ったことも確認できます。

 

ちょっとした気遣いで安心したメールの送受信が出来ます。

 

面倒だからと言って、返信をしないでいると、最初に送ってくれた方が、メールが届いたいるのかどうかが心配になってしまいます。

 

我が身においてメールのやりとりをしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください