SDカードはそのまま抜いてはダメなの

logo_b

:デジタルカメラの写真をパソコンに取り込むためにSDカードをパソコンに挿し、写真データをパソコンに取り込みました。

終了後、SDカードを取り外しました。

直接取り外してはいけないと聞きましたが、なぜですか?

 

logo_a

:直接取り外したからと言って問題ではないのですが、重要な確認事項があります。

データの読み書き中にSDカードを抜いてしまうとSDカードのデータを破損させてしまう恐れがあります。

そこで、データ読み書き中でない事を確認する必要があります。

データ読み書き中でなければ、直接取り外しても問題はありません。

では、データ読み書き中をどう判断するかなのですが、なかなか難しいので、確実に安全な方法として「ハードウェアの安全な取り外し」という機能が用意されています。

【ハードウェアの安全な取り外し】

タスクバーの右側に表示されている「ハードウェアの安全な取り外し」をクリックし、「USB大容量記憶装置デバイスを安全に取り外します」の表示をクリックします。

「ハードウェアの取り外し」という吹き出しがでたら、SDカードを抜いて完了です。

SDカードをパソコンに挿しているのに、タスクバーに「ハードウェアの安全な取り外し」が表示されない場合があります。

このような場合は次のようにします。

「コンピューター」から、SDカードのドライブアイコン上にマウスポインタを置き、右クリックで「取り出し」を選択します。

コンピュータからSDドライブアイコンが消えたら、SDカードを抜きます。

安全に取り外したければ、上記作業で取り外しを行うことをお勧めいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください