MacでWindowsが使えるってほんとうですか

logo_b

:MacにWindows OSをインストールして使えると聞きました。

本当にそんなことできるのですか?とても不思議です。

 

logo_a

:Mac OS X 10.5 Leopardから標準でついているBoot Camp(ブートキャンプ)というソフトウェアを使うことで可能になります。ただし、Mac OS か Windows OSのいずれかをMac上で操作することになります。

利用には必須条件があります。

1.CPUがIntel製であることが絶対条件です。

現在発売されているMacであればすべて対応していますが、2007年頃のモデルは確認が必要です。

2.Windowsのインストールディスクが必要です。
当然正規ライセンスです。

3.導入前に、必要な最低メモリ容量やHDDの容量も確認しておいて下さい。

※BootCampを使用するメリットは

Macを完全なWindowsマシンとして起動することができるので、仮想化ソフトを使うより高速に動作させる事ができます。

また、周辺機器も高い互換性を持っているので1台のMacで、Mac OSとWindows OSが切り替えて使える。

※BootCampを使用するデメリットは

MacとWindowsを同時に起動することができません。

Windowsで使用したデータを、Macのデータ領域へ移動できません。
(両方の環境でひとつのデータを共有したいという方には不向きです。)

MacとWindowsの切り替えは、再起動しないとできない。

というメリットとデメリットが考えられます。

インストールできるWindowsはそれぞれ次のようになっていますが、システム条件がありますので注意下さい。(Windowsのシステム条件はそれぞれマイクロソフト社のホームページでご確認下さい。)

●Windows XP
●Windows Vista
●Windows 7
●Windows 8

Mac 各モデルでのBootCampの条件もあるのでお使いのMacがどのWindowsバージョンを利用できるかをApple社のホームページでご確認下さい。

http://support.apple.com/kb/HT5634?viewlocale=ja_JP

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください